貧すれば鈍する男

三十路からの社内SE スキルアップと生活改善を目指す

ロボット掃除機にフローリングワイパーで勝負してみた(Anker Eufy RoboVac 11S)

結果は引き分けでした。

 

ロボット掃除機の値段が落ち着き性能を数値で知りたかったので購入

人より性能が悪かったら返品予定だったが、結果は上々なので今は隣で寝てる状態

 

比較掃除用具

Anker Eufy RoboVac 11S VS クイックルワイーパー

 

検討方法

①ロボット掃除機もしくはフローリングワイパーで掃除を行う

②ロボット掃除機で掃除を行った場合、フローリングワイパーの重量を計る。フロワの場合はロボット掃除機のダストボックスの重量を計る 

③計った掃除用具で掃除を行う

④重量を再度計る

 

④−①=先行の清掃具が取り切れなかったゴミの量が数値でわかる

 

2日間隔を空けて各3回×2=計六回試してみた結果は引き分け

先行 1回目 2回目 3回目
Anker Eufy RoboVac 11S 0.1g 0.1g 0.1g
クイックルワイパー 0.1g 0.1g 0.1g

 

 

なぜ引き分けなのかはロボット掃除機は四隅のゴミが取れずむしろ四隅に追いやり傾向がある。一方でフローリングワイパーはフローリングのくぼみにゴミを追いやる傾向がある。どちらも取り切れないゴミがあり残した量は同じだった。

 

今更ながらロボット掃除機を買った理由は価格が底値でこれ以上は下がらないと思ったからでいつかは買おうと思っていた。

 

床掃除をする理由としてはホコリアレルギーによるアトピーと鼻炎の症状を抑えるため。理論上は四隅のもカバーできる人力で掃除機をかけるのが最もキレイだが清掃中にホコリを吸ってしまう欠点

 

今後の運用としてはロボット掃除をタイマー設定で毎日走らせて週末にフローリングワイパーをかけて四隅を掃除機の細ノズルで吸い取っています。

はじめての自炊にスパイスカレー

自炊を始めたい方、もしくは自炊を試してみて続かない人向けに無水スパイスカレーの作り方を紹介します。

 

今回紹介する無水スパイスカレー特徴は

安い、簡単

太らない

眠くならない

味に飽きない(1年300食)

 

スパイスカレーを知るきっかけは印度カリー子

美味しいカレーを作りたい場合はこちらを参照

安くて簡単につくりたい場合はこの動画を参照

スパイスカレーについてはリンク先参照

https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/cocolo/19-00263

 

簡単にスパイスカレーと一般的なカレーの違いはルーを使わずにスパイスだけでカレーを作ります。ルーに含まれる大部分は脂肪と小麦粉でありそれがカレーのうまみになっています。ただその分カロリーが上がり胃にも負担がかかり、カレーを食べると太る、眠くなるとしったデメリットがあります。そうしたデメリットを打ち消すのがスパイスカレーです。脂肪や小麦粉といった旨みを追加するのではなく食材のうまみを引き立ててあくまで香りを追加するのがスパイスカレーです。なので太らず眠くならないカレーを作れます。さらに素朴な味なのであきることはありません。

 

 

食材については基本的なカレーとほぼ変わりありません。

ただ絶対に抜いてはいけない食材としてはカレーのスパイスとトマトです。

トマトが今回のうまみの主役になります。

スパイスは他の食材の味を引き立てるために使用します。

あとは適当にニンジンや玉ねぎ、じゃがいもなど安くて保存がきく野菜がおすすめです。今回はなるべくシンプルに行きます。

食材

・トマト(生トマトが理想だが安くて量を食べたい方はホールトマトがおすすめ)

・ニンジン

・たまねぎ

 

調理方法について